前へ
次へ

教育をするための費用はどのように

教育をしようと考えるためには、まずはいろいろと計画を建てる必要性があります。
それこそ、なんと

more

やり甲斐を感じられる仕事との出会い

高校や中学などの節目には自分の進路に迷う人も多いと思います。
私自身も将来について明確なビジョ

more

堅苦しく考えず、それぞれにあった方法で

誰かに物事を教える、となるとついつい堅苦しく考えてしまう人も多いのではないでしょうか。
以前に

more

自由化されているから必要なことがある

今は、自由化された教育が主流です。
字が読めない月齢では、保護者や教育者が読み書きをします。
それらは、絵本からではなく、正月遊びのかるたから、という声も耳にします。
よく文を聞き、文に合った絵を探して取るだけでなく、子供らが読み手になり、絵に合った文を自作するケースもあるようです。
読む、取るの役割を決めたり、札を読む子も一字一字読むので、文字に興味をしっかり持ってくれるようです。
勉強では、予習や復習により遅れを挽回したり、遅れないように自主性が必要ともいいます。
それはやはり、自由化されたゆとり教育の問題点ではないでしょうか。
授業についていくのがやっと、という子供の声は少なくありません。
幼児教育においても、予習や復習、練習などは必要です。
発表会などにも通ずる内容で、劇では、題材となる絵本を繰り返し読み、物語に十分触れたところで練習をスタートさせるそうです。
自由化された教育では、結果だけでなく過程を大切にしながら取り組むことも必要ではないでしょうか。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren4set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top