前へ
次へ

堅苦しく考えず、それぞれにあった方法で

誰かに物事を教える、となるとついつい堅苦しく考えてしまう人も多いのではないでしょうか。
以前に家庭教師のアルバイトをしていたのですが、バイトを始めた頃の私は四角四面に物事を教えるばかりで、生徒との距離もなかなか近づかずに苦しい経験をしました。
しかし、ある時バイト先の先輩から「もっと楽しんで教えたほうが良い」と言われ、どうしたら良いかわからないなら子どもから教えてもらえばいいとアドバイスをもらったことがあります。
教育とは自分の知識や経験を教えるものだと思っていたので、この発言には目から鱗という感じでした。
半信半疑でまずは子どもが今興味のあることや、分かっている部分を自分に教えてほしいというと、これまでとは子どもの態度が一変したのです。
物事を教えるには知識が豊富にある必要がありますが、私は教えるための知識があってもその子どもに関する知識が乏しかったのだと思います。
だから、どんな所がわからないのか、どうやって教えてほしいのかがわからず、思いがすれ違っていたのでしょう。
この経験は今でも私の中に生きています。
教育とは自分が教えるだけでなく、教えてもらい、そこから学習して自分の中に取り入れていくことも含まれているのではないでしょうか。

Page Top